和歌山の出会いでの気持ちも理解できます
0

    会えなくてすみません
    こんばんは、私は和歌山の出会いです。

    ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、前回のレポートでは、トラック運転手が県内の大会社への通学を拒否していました。

    私がこの記事を読んだとき、開いた口は閉じませんでした。
    もちろん、会社や教育委員会の気持ちも理解できます。この時期に開会式と入学式を行うのは賛否両論なので、緊張してしまいます。

    しかし、和歌山の出会い、これは私の職業上の差別ではないですか?と思った。

    「それは和歌山の出会いではありません。私はこれが好きなので、危険を冒さないでください!」

    「お願いします、ロジスティクス事業でテレワークはできますか?!自宅で仕事はできますか?」

    この声を仲間から聞いた。
    もちろん私も怒っていました。

    posted by: wakayama98 | - | 16:17 | comments(0) | - |