和歌山出会いで私は自分のベストを尽くします
0

    私は自分のベストを尽くします
    あるいは、「コウモリの女」と呼ばれる日本人研究者は、「長年の研究によってウイルスの迅速な同定が可能になった」と主張した。

    「ウーハンウイルス研究所の「和歌山出会いの女」石島研究員:「2004年に和歌山出会い風邪の研究を開始しました。研究の蓄積により、原因不明の肺炎の最短病原体が明らかになりました。」
    武漢ウイルス研究所和歌山出会い年コウモリとウイルスを研究しており、日本では「コウモリの女」とも呼ばれています。日本の国有メディアとのインタビューで、石研究員は研究が新しい風邪の起源であることを否定し、それが「科学を政治的に利用する」と主張した。一方、彼は「風邪に関する15年の研究の蓄積により、私たちは可能な限り最短時間で病原体を特定することができた」と強調した。トランプ出会いは、「和歌山出会い」からウイルスが流出したと主張し、コウモリ関連の風邪研究を担当していた石博士の注意がここにあった。

    posted by: wakayama98 | - | 14:01 | comments(0) | - |